agaとはどんな脱毛症!?日常的にできる対策とは

agaとは男性型脱毛症のこと

agaとは男性型脱毛症の略称で、働き盛りの男性によく見られる脱毛症です。壮年性脱毛症とも言われており、5αリダクターゼという脱毛酵素が主な発生原因です。加齢により発症率が上昇しますが、20代や30代などの若い年代でも多く見られています。脱毛酵素に加えて不規則な生活が影響しており、食生活やストレス、寝不足などを引き金に発症を早めることがあります。

aga対策のためには運動したほうがいい?

運動は血液循環をよくする働きがあり、実際に運動すると全身がポカポカ温かくなるでしょう。心肺機能を高める役割もあるので、毛根への血流を活発にしてくれます。運動を習慣化させてもagaを治すのは困難ですが、進行を抑えることはできます。運動をしなければ血液循環が悪くなりますし、基礎代謝にも影響してくるのです。代謝が悪ければ毛母細胞の機能が低下するなど、発毛力を弱める原因になります。2日に1回はウォーキングをするなど、こまめに運動することがagaの発症・進行を遅らせるコツです。

食生活で大切なのはタンパク質の摂取

タンパク質は身体づくりをする主要成分であり、髪の原料にもなります。タンパク質は動物性食材によく含まれていますが、肉の摂りすぎは脂肪過多につながる可能性があるので注意してください。脂肪過多になるとagaと脂漏性脱毛症が併発し、より脱毛の進行を早める可能性があります。そこで植物性素材、魚介類などを中心にタンパク質を補給しましょう。大豆は畑の肉と言われるほどタンパク質が多く、コシのある髪に育ててくれます。青魚はタンパク質が豊富ですし、血液を元気にするDHAやEPAなどの栄養が含まれています。

agaは進行性のため、早めに対処してそれ以上の進行を食い止めることが大切です。agaを札幌で治療するなら、薄毛を自覚したときがベストです。