普通の脱毛症とどう違う!?agaの特徴を知っておこう

aga対策の基本は発症を遅らせること

どのようなタイミングでagaが発症するか予測することはできません。両親の頭髪がフサフサであっても、その息子は薄毛になるというケースは普通にあります。自分は多分大丈夫だという考えに根拠はないため、自分事として対策する必要があるわけです。agaの発症を遅らせるコツは、日ごろから規則正しい生活を続けることです。生活が乱れていると発症時期が早まる可能性があり、早ければ20代から発症する人もいます。健康を害するような習慣は早期のうちに見直していきましょう。

agaは男性だけでなく女性にも見られる?

agaは男性型脱毛症のことですが、女性にも似たような脱毛症は見られています。女性は男性と比べて男性ホルモンの分泌は多くはありませんが、なかには男性に迫るほどの分泌量を誇っている女性もいます。そうした女性は30~40代くらいで頭皮がかなり透けて見えてしまうケースが多いです。特に更年期障害の症状が強く出やすい女性は、男性ホルモンの影響により薄毛になりやすいと言われています。

agaと頭皮ダメージの関係とは

agaには体質が大いに関係していますが、体質の問題だけが原因ではありません。頭皮に多くのダメージを蓄積している状態は、agaの発症を早めると考えてください。例えば日ごろから帽子を被っている、ヘアカラーをするのが習慣化している、間違った洗髪をしている、といった人は注意してください。頭皮がダメージを受けている状態は、抜け毛を促進するリスクがあるのです。抜け毛が増えれば増えるほど、相対的に発毛量は減少するので、薄毛になるリスクが高くなります。

agaを新宿で扱うメンズクリニックでは、従来の塗り薬や飲み薬による薬物治療だけでなく、発毛メソセラピーなど新しい施術を取り入れているところもあります。